化粧水をしない

化粧水は肌に水分を与えてはりのある健康な肌にしてくれる大切な役割があります。

肌はなんにもしないでそのままにしておくとカサカサになってしまって肌が老化して

しまいます。ですからケアすることはとても大切ですが、やり方が間違っていると

つけている意味はなくなってしまいます。過剰なケアをすることで肌が本来持って

いる力をなくしてしまう場合があるので、出来るだけ過保護にしないということが

根底にあります。大事なのは肌の中に水分を取り込んで逃がさないようにすること

なのですが、これは簡単な方法で出来ます。肌をいい状態でキープするには刺激物

を含んでいない完全無添加のような石鹸できちんと泡立てて洗顔をすることです。

このあと水分を逃がさないようにすることが重要で、クリームや乳液などで水分を

閉じ込めることが最も大事な部分になってきます。ここもあまり特別なものを利用

することもありません。一般的なスキンクリームや馬油のようなものを塗るだけで

大丈夫です。あまり塗りすぎてしまうとベタベタしてしまったりするので、薄く塗る

だけで大丈夫です。過剰なケアをしないことでニキビや湿疹のようなものが改善され

たりする場合もあるので、なるべく異物を取り込まないケアが大事です。

コメントを受け付けておりません。