朝の洗顔をやめる

一昔前までは肌を清潔に保つために大切なのは顔を洗うことだと言われていまし

た。もちろん今でもそれは変わりません。しかし、洗いすぎることが逆に肌にとって

良くない事態を招くことがあるのです。

10代の頃は皮脂分泌が盛んなのである程度皮脂を取り除く必要があります。しかし、

20代、30代を過ぎると徐々に肌質が変わってきます。皮脂が出ていても実は肌の

内側は乾燥しているインナードライだったり、乾燥によりニキビができたり敏感肌

になってしまうことがあるのです。乾燥が気になっているのでスキンケアでたっぷり

保湿をしているのに、肌がかさついている人は洗いすぎているかもしれません。

最近では、朝は顔を洗わない方法が出てきています。ただ洗わないのではなく、洗顔料

は使わずに水だけで洗うだけにしたり、化粧水をたっぷり浸したコットンで拭くだけと

いう方法があるのです。肌に必要な皮脂を奪うことがないので潤いをしっかりと残す

ことができるので乾燥が改善されメイクのノリが良くなったり、ニキビなどの肌

トラブルが軽減されるのです。

気をつけるのは拭くときに力を入れてこすり過ぎないようにすることです。肌に刺激

を与えないように優しく行うことで潤いを守り、美肌を作ることができるのです。

コメントを受け付けておりません。